息子の同級生のお母さん

息子の幼稚園時代の同級生のお母さんが亡くなったと最近になって聞きました。
まだ中学生の息子さんを残して亡くなるのは本当に無念だっただろうなと思うと涙が溢れました。
小学校からは別々の学校へ進みましたので私はしばらくお会いしたことはなかったのですが、幼稚園時代はよくお話しをしました。
私も次男の時には高齢出産でしたが、そのお母さんは更に私より上の年齢で出産しており、やっと出来た一人息子でしたから、それはそれは可愛がり、『目に入れても痛くない』とはこんな人のためにある言葉なんだろうなと思わせる親子でした。
甘やかせて育てているので我が儘で駄々っ子で大変手がかかりましたがお母さんが怒ってる姿を1度も見たことがありませんでした。
子供がしたいということはなんでもさせて、『しょうがないね~』なんてのんびり話し、優しい穏やかなお母さんでした。
でも周りも何故だか批判する者もいなく、申し訳ないのですがおばあちゃんと孫を見てるかのような錯角を覚えていた感じです。
なのでそんな光景も微笑ましく見ていたものです。
そんな幼稚園時代が終わり、もう忘れかけていたk君とお母さんのこと…。
たまたま、同じ小学校に進んだ子のお母さんとバッタリ会った時に訃報を聞きました。
昔の幼稚園時代のことが鮮明に思い出され、『k君、お母さんっ子だったから大丈夫なのだろうか?心配だね…。お母さんもそんなk君を残して亡くなって心配でしょうがないだろうね。』と話すと、その訃報を教えてくれたお母さんが『それがね、私は葬儀に行って来たんだけどね、k君は随分、立派に頑張ってたよ。「大丈夫?」と声をかけたら「大丈夫です。」としっかりした口調で応えてくれたよ。』
泣き虫の駄々っ子の面影はなくポッチャリしていた身体つきも背が伸びスラッと大人びた顔で気丈に頑張っていたそうです。
その当時、仲良くしていた親子に私からも連絡を入れて見ました。
皆、知らなくて葬儀には参列できませんでしたが、お家の方でお参りさせて頂くと言っていました。
人はいつか必ず亡くなりますが、幼い子供を残して亡くなるのは本当に辛いことだと思います。
私はせめて次男が20歳になるまでは元気に生きていたいと思います。
そしてk君が真っ直ぐ成長してくれることを願います。頑張って欲しいです。